<< 蔵開き 心強いお隣さん >>

生きているということ


生きる   谷川俊太郎



生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみすること

あなたと手をつなぐこと



e0184109_11321258.jpg




生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと




e0184109_1137521.jpg




生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



e0184109_14544456.jpg







生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと




e0184109_11473144.jpg




生きているということ

いま生きているということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ



e0184109_12433150.jpg




先週末、息子の七回忌を終えました

私たち夫婦も、お互いの両親も、おばあちゃんも
そして愛犬チューリップも、みんなが笑顔で
この日を迎えられたこと・・・
きっと天国にいる息子も喜んでいることでしょう


命あふれ、光り輝くこの季節に
息子は生まれ、そして旅たちました


私の腕の中で小さな命の火が消えたとき

初めて自分が 「生きている」 ということを意識しました


今、 ここに、 生きている、 その素晴らしさを
息子に教えてもらったような気がします



「死」を知ることで 「生」を学び
「悲しさ」経験することで 優しさを学ぶ

これから人生に降り注ぐ
あらゆる出来事も
すべてに学びがあるのだという
生きるバイブルを得た


それは目に見えないものだけど


私たちの心の中にずっと生きつづける



大切な存在


e0184109_14354520.jpg





時に叱られ、時に勇気を与えてくれる
共に笑い、共に悲しみ、共に生きる


死ぬことは遠くに行くようで、実は一番近い存在になることなのかも・・・


わたしもいつか誰かのそんな存在になれるように
1日1日を大切に生きていきたい
[PR]
by otonari-ooita | 2010-04-24 15:00 | diary
<< 蔵開き 心強いお隣さん >>