<< 2012年スタート 子連れでヨーロッパ >>

ガーデニングワールドカップ


11月初旬 ハウステンボスで開催されていた
ガーデニングワールドカップへ行ってきました

ガーデニングワールドカップとは・・・
世界最古で最も権威のあるイギリスの「チェルシーフラワーショー」の
ゴールドメダリストや世界各国のトップガーデナーが集結した
「花の緑の祭典」


いつかは行ってみたい本場イギリスのフラワーショー
しばらく夢を温めつつ・・・
今回はそんな夢を少しだけ体感できる「花と緑の祭典」へ
こんな近くでトップガーデナーのお庭が楽しめたのはラッキーでした




園内の木々は秋色に染まり
ファインダーから見える景色はまるで本当に異国のよう・・・

e0184109_21392120.jpg




この不思議な景色
スイスのAnouk vogel さんの作品
平和を折り込んで・・・
日本古来の長寿や病気の回復を願って折る千羽鶴に感動して
作られた作品です

白一色に折られた平和への願い・・・今年は特に強い思い感じました



e0184109_2142354.jpg




こちらは絵本ピーターラビットの物語に登場する庭をイメージして作られた作品


e0184109_21465366.jpg



イギリス湖水地方によくみられる庭だそうで、物語そのままの可愛らしいお庭でした


e0184109_2151589.jpg




こちらは宮沢賢治の花壇のデザイン画(「tearful eye」 涙ぐむ眼)を
モチーフにして藤原良治さんが作ったお庭




e0184109_21514892.jpg



水の流れの中を美しい草花で敷き詰められた庭は
見ているだけで癒されました


e0184109_21584531.jpg



e0184109_21592552.jpg



こちらは南アフリカ出身の方の作品
見たことのない珍しい植物がいっぱいでした


e0184109_2214729.jpg




こちらはマレーシア出身の方の作品
e0184109_22144238.jpg




こちらはオーストラリア出身の方の作品
「ブッシュファイヤー」

e0184109_2216165.jpg



こちらはあの有名な石原和幸さんの「茶の庭」という作品
チェルシーフラワーショー3年連続金賞受賞
昨年は残念ながら銀賞でしたが・・・
やっぱりテレビや本で見るよりも実際に見ると
本当に素敵な庭でした

e0184109_22181342.jpg



ごく一部の紹介でしたが・・・素敵な庭を眺めながら
夢が膨らむ良い時間になりました
[PR]
by otonari-ooita | 2011-11-16 22:31 |
<< 2012年スタート 子連れでヨーロッパ >>