<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いい旅 夢気分




今週はいい旅 夢気分
料理研究家Yちゃんと
3泊4日 中九州をのんびりと旅してきました


別府の泥湯につかり
硫黄の香りと共に・・・旅はスタート
大分のモノづくり
竹細工の職人さんに会ったり
湯布院御三家を巡り
雑貨や調味料など見てまわったり
阿蘇の湧水を歩いたり



e0184109_1222348.jpg



雨の多い旅でしたが・・・
しっとり美しい新緑を眺め
ゆっくりと語りあい

素敵な時間を過ごすことができました




転勤族になり
こうして各地で出会った人との絆
関東では本当に素敵な人達との出逢いが
私にとって宝となっています


みんなを案内することで
大分の良さをますます感じる今日この頃

自然も豊か、食べ物も美味しい
そして何よりも大分の人はどこに行ってもおおらか
小鹿田焼きの職人さん、竹細工 BAIKAの大橋さん、すっぽん料理屋の仲居けいこさんetc・・・
みんな みんな 本当にありがとうございました


そして仕事で忙しい中、大分まで来てくれたYちゃん
彼女のおかげで、また新たな発見がいっぱいありました

九州を巡る旅 第二弾 第三弾・・・
また一緒に旅できる日を楽しみにしてます

Yちゃんの書籍 ご紹介
[PR]
by otonari-ooita | 2010-05-27 13:00 | diary

由布院美術館



ここは湯布院にある

由布院美術館

放浪詩人 佐藤渓の作品などを展示しています


e0184109_1051141.jpg



この美術館まるでタイムスリップしたかのような・・・

初めてなのにどこか懐かしい

建物は木造校舎の小学校みたいで
新緑の美しい由布岳を背景に
この空間、空気感、すべてかアートのようです


e0184109_10552627.jpg




小部屋には世界の万華鏡が展示してあったり

e0184109_1195553.jpg



味のある和室にさらりと絵画が展示してあったり



ゆる~い気分でアートを楽しめます



また 「ともだちあし湯」という足湯もあります


e0184109_11115496.jpg






この日は可愛らしいカップルが仲良くつかり
アツアツのともだち足湯
アラフォーの私たちが入るとヤケドしそうだったので
遠くから眺めるだけに・・・・


e0184109_1154393.jpg



庭の緑を眺め
佐藤渓の詩を静かに読む


e0184109_1120081.jpg




この美術館の建物で使用されている
窓枠、ガラス、ドア、ドアノブ、床板etc・・・

昔どこかで使われていたアンティークが蘇ってます

そのデザインの美しさ、無名の職人による日本のアート!!


あ~ なんて素敵なんだろう!! 





e0184109_11221564.jpg




最近の由布院は観光客もわんさか
土産屋や建物が乱立して・・・ う~ん って感じだったけど
この美術館はいい!!


また行きたいと思う美術館のひとつになりました



そしてこの美術館にはもうひとつ素敵なサービスがあります



由布院美術館

湯布院町川上岩室2995
0977-85-3525
10:00~17:00 (木曜定休日)
由布院駅 徒歩10分

タイムスリップアートメール
[PR]
by otonari-ooita | 2010-05-20 12:00 | 大分の旅

大神ファーム



1週間ぶりの更新です
バタバタと過ごしている間にすっかりご無沙汰してしまいました



大分に暮らし始めて10ヶ月が過ぎ、生活にもすっかり慣れました

大分県民以上に大分に詳しくなりつつある今日この頃
otonari家には県外からたくさんの友達が遊びに来てくれています

のべ人数・・・30人は超えたでしょうか・・・ (笑)

先週の水曜日は高校の友人が遊びに来てくれて由布院へ
金曜日は母を連れて阿蘇へドライブ!母娘二人+♀チューリップのプチ旅行
土曜日は中学時代からの友人が家族で泊まりに来てくれました

おとなり観光 大盛況です


そして今週末は東京から料理の師匠が3泊4日で遊びに来る予定^^


人の流れのあることって
とても幸せなことだと思います


人が運んで来てくれるものは


笑顔だったり
元気だったり
情報だったり


たくさんの"気”が流れることで
いつも心が新鮮な気持ちになります




さてさて話しが長くなりましたが・・・

タイトルにある大神ファーム


すこし前になりますが、旦那と愛犬と共に遊びに行きました


1万本のカモミールが見頃を迎えてました (5月6日撮影)
とってもきれいでした~

e0184109_18463790.jpg



結婚後、しばらくハーブ園に勤めていたことがあります
この時期は朝いちでカモミール摘みをするのが日課でした


e0184109_18514530.jpg




爽やかな風が運んでくれるカモミールの香り
天然アロマ効果でふわふわと
幸せな気分になったものです



ここ大分県日出町にある大神ファームはカモミール畑の他にも
バラ園、キッチンハーブそしてすぐ横にはビーチがあり
すっかりお気に入りのガーデンになりました



e0184109_19513154.jpg



旦那がきっとこのガーデンは何度も来るだろうからと
年間フリーパスポートを買ってくれました
これから四季折々に変化するガーデンを楽しみに
出かけたいと思います






カモミールの他にも今はバラが見頃を迎えています
今週も天然アロマ浴を楽しみに・・・ガーデンに出かけたいと思います




こんな大きなモッコウバラもありましたよ~


e0184109_21495721.jpg

[PR]
by otonari-ooita | 2010-05-19 22:08 | 大分の旅

産直 花野果(はなやか)



土曜の朝

自宅近くにある産直に行ってきました
産直と言っても春日浦フードスタジアム(スーパー)の一角にあるもので
JA大分が運営するファーマーズマーケット花野果(はなやか)
大分にあるトキワ系のスーパーに入っているみたいです

いつも夕方にしか行ったことがなかったのですが
朝は品数も豊富でびっくり
人もたくさんいました

悪天候のため葉もの野菜が高くなってますが
花野果で売られている葉ものはどれも100円ちょっと (ありがたい!!)


この日買ったのは

原木しいたけ、わらび、葉わさび、たけのこ、小松菜 など

春を感じる食材ばかり・・・
食べる前から食材を見るだけで元気になれます

e0184109_1211425.jpg



原木しいたけは軽く干して食べ
わらびはアク抜きをして炊きこみご飯の具となり
葉わさびは醤油漬けにして常備菜になりました
たけのこも炊きこみご飯だけでなく、タイ風レッドカレーの具材として
たっぷり使わせてもらいました
どれも新鮮で美味しかったわ~


竹の子は下湯でした状態で(大1本小3本)入って300円
葉わさび一束 100円 原木しいたけも驚きの300円ちょっと
わらびも採れたての柔らかいものが100円

新鮮で安い!!
これだけで作る側のテンションも上がってきます




さあ また竹の野菜かご持って産直巡りしましょうかね~
[PR]
by otonari-ooita | 2010-05-11 12:29 | 産地直売所

白山陶器



波佐見陶器市




陶器市会場の入り口横に
白山陶器専用のテントがあります
こちらはアウトレットやB級品などが半値で売られています

e0184109_2233112.jpg




B級品といっても家庭で使う分にはまったく問題がない
上質なモノばかり・・・


今回 お持ち帰りしたのは
ずっと欲しかったこちらのセット

森正洋デザインのベストセラー
1973年Gマーク選定商品
M型コーヒーセット


ティーポット、シュガーポット、クリーマーが重ねられます
カップ&ソーサーもとってもおしゃれです
とても40年前のデザインとは思えません
美しいデザインは時を重ねてもやっぱり美しい



e0184109_22472922.jpg




今年 知り合いに頂いた 白山陶器の新作 ブルームプレートとの相性もGOOD
北欧系の食器と合わせてもいい感じです




今日のコーヒーはどのカップにする?

最近の旦那はいつもこのM型セットを使命してきます

e0184109_224133100.jpg





お気に入りのカップで飲む一杯
忙しい朝に気持ちのゆとりを与えてくれます
[PR]
by otonari-ooita | 2010-05-10 23:00 | 長崎の旅

陶郷 中尾山




今年のG.Wはお互いの実家へ


帰省している友人に会ったり
横浜から帰ってきた義妹家族と過ごしたり
お互いの父と旦那の3人でゴルフへ行ったり
祖母、母を連れて唐津で食事をしたり

家族や友人とのんびり過ごすことができました



1日だけ、大分に帰る途中に波佐見焼きの陶器市に出かけました


G.Wは全国色々なところで陶器市が行われています
昨年、関東にいた時は益子、笠間の陶器市へでかけました


今回行った波佐見の陶器市・・・
お目当ての店は白山陶器だけ
陶器市会場で過ごしたのはわずか15分 

渋滞を避けて棚田百選に選ばれた美しい集落を訪ねたり
陶郷 中尾山をのんびり散歩したりしました


e0184109_2022280.jpg




陶郷 中尾山は白山陶器の本社から車で5分ほど登ったところにあります



e0184109_20364439.jpg



私はこの雰囲気が大好きで、波佐見に来た時は必ず立ち寄ります
集落の中には小さな川が流れ
製陶所の煙突が立ち並び
石畳には白磁の器が埋めこまれ
どこか懐かしく、味のある場所


e0184109_2058857.jpg




数年前、中尾山にある光春窯を訪ねたことがあります
工房に直接へ行き、職人さんと話しをして器を買いました
福岡から来たことを話すと、せっかくだからと
おまけにB級品の器をたくさん頂きました
B級といっても・・・私たちの目からはぜんぜんわからない立派な器

その器は後に東京の雑貨屋「わたしの部屋」や
湯布院 亀の井別荘の鍵屋などで売られていることを知りました
もちろん今でも我が家で大活躍している素敵な器たち

そんな嬉しい思い出のある陶郷なのです



そしてこちらは製陶所をリノベートした
NPO法人 グリーンクラフトツーリズムが営業している

「四季舎」

昔 陶器を焼かれていた窯はピザ窯や展示棚に大変身



e0184109_20235425.jpg





石窯で焼かれ生地はパリパリ
具はアスパラ、新たまねぎなど旬の食材を使い
自然な甘味が口に広がる・・・
自家製のトマトソースの塩梅もいい
生地に使われている麦も具の野菜もすべて地元の物

東京の有名なイタリアンのピザよりも何倍も美味しい!!


e0184109_2133361.jpg



なんと愛犬チューリップの入店もこころよくOKしてくれました

15時ということもあり、客も少なく

店の外に広がる新緑をゆっくり眺めながら

オーナーや従業員の方と話し

心もお腹も満たされました


e0184109_2152511.jpg





波佐見陶器市までの小さな旅のお話しでした
 
[PR]
by otonari-ooita | 2010-05-10 22:13 | 長崎の旅